Skip to content

太陽光発電の導入に価格は重要ではない

太陽光発電の導入を考えている人なら、それで儲けようなどと損得計算をする人は少ないでしょう。それよりはエコのためとか、万一の停電の備えとか、そういった考えで導入したいと思うのが普通だと思われます。しかしあまりに価格が高いとあきらめざるを得ないのも事実なので、業者やメーカーとしてもその点を考えて欲しいところです。たとえば太陽光発電というと屋根にシステムを取り付けるというイメージですが、それほど大規模にやらなくてもパネル一枚を扇風機用に備え付けたいなどという考えもあるはずです。それなら価格も抑えられるし、何より使い勝手が非常に良くなるのではないでしょうか。その結果普及が爆発的に進むと考えられるので、むしろそうした方向での発展を期待したいものです。パネルさえあれば簡単に家電製品に繋げられるようにすれば、多くの人が独自の使い方を模索できるでしょう。


太陽光発電の設置は相見積もりで価格を比較しよう

生活を行う際には環境に配慮した取り組みを行う方が増えて来ていますが、この取組としては様々な内容が有りまして、例えばゴミの分別をきちんと行う事も資源をリサイクルする点において大切なものとなっています。またこれ以外にも自宅で使用している電化製品を省電力タイプに変更する事も使用電力を少なくする点において大切な取組です。さらに最近ではより積極的な環境対応として、太陽光発電を自宅に設置して電力を作り出し、自宅での使用や電力を売却するなどして対応する方が増えて来ています。そしてこれらの太陽光パネルの設置においては、屋根への固定用金具による固定工事や或は電気配線工事なども必要となっていますので、トータルの工事費用をきちんと見積もる事が大切となってきます。お勧めなのは複数の工事業者に見積もりを取るなどして価格を比較検討する事です。


太陽光発電システムの価格が高めでも元は取れます

屋根に直接設置するタイプの太陽光発電システムについて、その価格は初期投資をするには少し高めに感じるかもしれません。それでも、再生可能エネルギー利用を促進する国家的なプロジェクトが既に発動していて、電力買い取り制度により、元が取れると期待されています。それに、初期投資の時には地方自治体からの補助金もあるので、売電とあわせれば太陽光発電システムの価格は5年ほどで元が取れる場合も多いのです。何より、既存の電力会社へ支払う電気料金の額が目に見えて減るというのは、大きな節約効果といえます。これからは家庭用の蓄電池システムもかなり値段がこなれてきて、普及が進むでしょう。ですから、太陽光発電システムの価格も普及に伴って値段が下がってくる事が期待できますので、早めに売電制度に慣れておくことは大きなアドバンテージになるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です